読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリームソーダ

音楽とミステリーと、時々Jリーグ

読んだもの vol.12

横溝正史や江戸川乱歩にどっぷりだったのだけど、急に「もうちょっと新しめのが読みたい!」と思い、評判の良い「館シリーズ」を読むことにした。 十角館の殺人/綾辻行人 十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築…

読んだもの vol.11

最近読んだもの。 また、溜まってしまったのでメモのみ。 ・スペードの女王/横溝正史 なぜか、冒頭のおでんをお箸でいじくりまわすシーンと「猫目石」というワードだけが印象に残っている。 ・死神の矢/横溝正史 「蝙蝠と蛞蝓」を同時収録。 当時は、純潔…

読んだもの vol.10

最近読んだものについて。 溜まってしまったので、一言メモのみ。 ・七つの仮面/横溝正史 印象の薄い短編集。 ・悪魔の寵児/横溝正史 意外性があって面白かった。えげつなかった。 ・悪魔の百唇譜/横溝正史 冒頭の、事件解決後に自己嫌悪に陥る金田一耕助…

読んだもの vol.9

最近読んだものについて。 首/横溝正史 滝の途中に突き出た獄門岩にちょこんと載せられた生首。まさに三百年前の事件を真似たかのような凄惨な村人殺害の真相を探る金田一耕助に挑戦するように、 また岩の上に生首が……。被害者は村にロケに訪れた映画監督だ…

読んだもの vol.8 と、ドラマ「オリエント急行殺人事件」

ドラマ化されると聞いて(年始めの話)、慌てて読んだもの。 オリエント急行の殺人/アガサ・クリスティー 厳寒の季節に似合わず国際列車オリエント急行は世界各国からの乗客でいつになく混んでいた。一癖も二癖もある乗客たちが作る異様な雰囲気のなか、雪…

読んだもの vol.7

最近読んだものについて。 ねじの回転/恩田陸 「不一致。再生を中断せよ。」近未来の国連によって、もう一度歴史をなぞることになった2.26事件の首謀者たち。彼らは国連の意図に反して、かつての昭和維新を成功させようとするが。恩田陸渾身の歴史SF大作。 …

ドラマ「すべてがFになる」と、読んだもの vol.6

だいぶ前になるが、ドラマ「すべてがFになる」を観た。 「よりによって連ドラ!」と思ったけど、やはり原作と比べてしまうといろいろと歯痒い感じはした。最終回の「有限と微小のパン」だけで1クールやってもいいくらいなのに、と思う。 まだまだ先だけど、…

読んだもの vol.5

友人の結婚式でお土産にいただいた、あおさのりの美味しさが神がかっている。袋を開けた時の香りが、ポテトチップスのりしお味の20倍くらい濃厚でうっとりする。 それから、正月に残った餅(冷凍保存)を、ちまちま食べているのだけど、これまた美味しい。子…

読んだもの vol.4

最近読んだものについて。 ロミオとロミオは永遠に(上)(下)/恩田陸 ~日本人だけが地球に居残り、膨大な化学物質や産業廃棄物の処理に従事する近未来。それを指導するエリートへの近道は、「大東京学園」の卒業総代になることであった。しかし、苛酷な入学…

読んだもの vol.3

最近読んだものについて。 ・獄門島/横溝正史 ~獄門島――江戸三百年を通じて流刑の地とされてきたこの島へ金田一耕助が渡ったのは、復員船の中で死んだ戦友、鬼頭千万太に遺言を託されたためであった。 『三人の妹たちが殺される……おれの代わりに獄門島へ行…

読んだもの vol.2

最近読んだものについて。 ・数奇にして模型/森博嗣 ~模型交換会会場の公会堂でモデル女性の死体が発見された。死体の首は切断されており、発見された部屋は密室状態。同じ密室内で昏倒していた大学院生・寺林 高司に嫌疑がかけられたが、彼は同じ頃にM工…

読んだもの vol.1

最近読んだものについて。 ・今はもうない/森博嗣 ~避暑地にある別荘で、美人姉妹が隣り合わせた部屋で一人ずつ死体となって発見された。二つの部屋は、映写室と鑑賞室で、いずれも密室状態。遺体が発見され たときスクリーンには、まだ映画が…。おりしも…