読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリームソーダ

音楽とミステリーと、時々Jリーグ

お食い初め。

 

リアルタイム記事です。

 

 

先日、無事に生後100日を迎えたので、お食い初めの儀式を行った。(儀式!)

 

元来、家事全般苦手の無精者で料理も好きではないのだが、「赤飯を家で炊いてみたい」という思いに駆られ、儀式用の料理を作ってみることにした。

 

煮物は前日に作り、当日は赤飯と蛤のお吸い物を作った。

 

鯛の塩焼きだけは、出来る気がしなくて近所のスーパーに外注した。丸ごとの魚の調理なんて、ししゃもくらいしかしたことない。

 

赤飯作りはなかなか楽しかったし(「赤い煮汁で米に色をつける」とか、わくわくする)、割と良い出来栄えだった。

お吸い物はしょっぱかった。

煮物は薄味だった。

 

作ったものを食器(いつも使ってるやつ)に盛り付け、食卓に並べ、赤子にセレモニードレスを着せ、写真を撮り、食べさせる真似をして写真を撮る。儀式終了後、料理は大人が食べつくす。

 

終始、大人がジタバタしており、赤子は冷めた目をしていた。1度泣いた。

 

お宮参りもそうだったけど、どうも準備やら撮影やらでジタバタしてしまって、本質(神様へのご挨拶、感謝の気持ち、健やかな成長を願う心)への意識が薄くなってしまっている気がする。

 

せめて、ジタバタしていない日常生活では、感謝の気持ちを忘れないように過ごそう。