読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリームソーダ

音楽とミステリーと、時々Jリーグ

読んだもの vol.12

 

横溝正史江戸川乱歩にどっぷりだったのだけど、急に「もうちょっと新しめのが読みたい!」と思い、評判の良い「館シリーズ」を読むことにした。

 

 

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

十角館の殺人綾辻行人

十角形の奇妙な館が建つ孤島・角島を大学ミステリ研の七人が訪れた。館を建てた建築家・中村青司は、半年前に炎上した青屋敷で焼死したという。やがて学生たちを襲う連続殺人。ミステリ史上最大級の、驚愕の結末が読者を待ち受ける!

やっぱりいい!クローズドサークル

わくわくしっぱなしだった。

ちょっと反則のような気もしたけど、おもしろかったのでいい。

 

 

水車館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

水車館の殺人綾辻行人

 仮面の当主と孤独な美少女が住まう異形の館、水車館。一年前の嵐の夜を悪夢に変えた不可解な惨劇が、今年も繰り返されるのか?密室から消失した男の謎、そして幻想画家・藤沼一成の遺作「幻影群像」を巡る恐るべき秘密とは…!?

わかりそうでわからなかった。もどかしかった。

 

 

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

迷路館の殺人綾辻行人

奇妙奇天烈な地下の館、迷路館。招かれた四人の作家たちは莫大な“賞金”をかけて、この館を舞台にした推理小説の競作を始めるが、それは恐るべき連続殺人劇の開幕でもあった。周到な企みと徹底的な遊び心でミステリファンを驚喜させたシリーズ第三作、待望の新装改訂版。初期「新本格」を象徴する傑作。

騙された。2重で騙された。ぎりぎりフェア…かな。

 

 

人形館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

人形館の殺人綾辻行人

父が飛龍想一に遺した京都の屋敷―顔のないマネキン人形が邸内各所に佇む「人形館」。街では残忍な通り魔殺人が続発し、想一自身にも姿なき脅迫者の影が迫る。彼は旧友・島田潔に助けを求めるが、破局への秒読みはすでに始まっていた!?シリーズ中、ひときわ異彩を放つ第四の「館」、新装改訂版でここに。

賛否両論のトリック(トリック?)。

さすがの私も途中で気付いた。

暗くて恐い。嫌いじゃない。

 

 

時計館の殺人 (講談社文庫)

時計館の殺人綾辻行人

館を埋める百八個の時計コレクション。鎌倉の森の暗がりに建つその時計館で十年前一人の少女が死んだ。館に関わる人々に次々起こる自殺、事故、病死。死者の想いが時計館を訪れた九人の男女に無差別殺人の恐怖が襲う。凄惨な光景ののちに明かされるめくるめく真相とは。

狂気だなー。

最後までどうなるのか全然わからず、おもしろかった。

動機が・・・とかはあまり気にしなくなってきた。