読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリームソーダ

音楽とミステリーと、時々Jリーグ

出産の記録②<分娩>

出産

 

つづき。

 

 <2:00頃>

内診:8㎝

全然飲みたくはないのだけど、ウィダーインゼリーやお茶が口に運ばれ、無理矢理飲む。

信じられないけど、陣痛のわずかな合間にすっと眠りに落ちることがあった。

 

<3:00頃>

内診:8㎝

さっきと変わってない!

ここまで、徹夜&立ちっぱなし&腰をさすりっぱなしの夫が1番ショックだったと思う。

 

<4:00頃>

内診:全開まであと少し

いきみたい感は無し。

むしろ、「ちょっといきんでみて」と言われる。

 

<4:45頃>

内診:ほぼ全開

いきみたい感がないまま、いきみ開始。

助産師さんに言われたのは以下2点。

 

・目を開けて!

・いきむ時は息を止めて!(声を出さない)

 

たった2つのことなのに、必死すぎてできなくなる。いきみ、難しい。

途中、横向きになったりしたけど、横向きはもっと難しかった。

 

<5:00頃>

内診→破水

「破水、全開同時!」と助産師さんが叫ぶ。

何やら慌ただしくなる。

急激に、いきみたい感・・・というか、力を入れなくても何か出そうな感覚に襲われる。

「まだだよ!まだ!」と助産師さんに押し込まれる。医師待ちか?

これがいきみ逃しというやつだとしたら、辛すぎる。私の場合は1分たらずだったと思うけど。

すぐに医師が到着し、準備も整い、いきみ再開。この日の医師は担当医ではなかった。

 

 

なかなか進まない。

 

視界の端に退屈そうにしてる医師が映る。

 

「頑張れ!」「頑張れ!」とみんなが叫んでくれる。

夫は無言。「これ以上頑張るって・・・」と思ってたらしい。

 

目をつぶって「うーん!」と力を込めたい時に、無理に目を開けていると、すごい形相になることがわかった。

そんな顔でひたすらいきんでいたら、突然、

 

 

「はい、いきむのやめてー」「手は胸の上ー」「はっはっはっはっ(呼吸法)」

 

と言われて、赤子がぬるっと出た。唐突だった。6:20だった。

 

「頑張れ!頑張れ!」という声かけは頂いてたけど、進行具合は聞いていなかったので、先の見えない長期戦に向けて、終盤は若干セーブしてしまった気がする。実況中継お願いすれば良かった。「頭出てきたよ!」とか「あと数回いきんだら出るよ!」とか。

 

どうやら、回旋異常(産道を通る際の赤子の向きが通常でない)があり、少し時間がかかったらしい。

 

その後、赤子はいろいろ測定され、私も縫合(激痛)等の処置を受け、外で待っていた母も合流し、途中で運ばれてきた朝食の行方を気にしながらカンガルーケアをした。赤子は思ったよりずっしりしていた。(出生時3028ℊ)そして、思ったより全身がけむくじゃらだった。髪がふさふさなのは想定内だったけど。

 

赤子は診察のために新生児室に運ばれていき、完徹の母と夫は実家に帰り、私も病室に戻って朝食にパクついた。

 

 

無事に産まれただけでもありがたいのだけど(しかも初産にしてはスムーズ)

陣痛が始まったタイミングを思い返してみると、

 

・母が家にいる時間帯(車で病院へ送ってもらえる)

・新幹線の終電前(東京で勤務中の夫が間に合う)

・4月2日以降(大人の事情)

・妊婦健診1回減(助成券はもう使い切っていた)

 

と、完璧であった。みんなで「いい子や!」と褒めちぎった。赤子本人は知ったこっちゃない。

大人は打算的である。